PERHAPS GALLERY

blog

“Have a nice coffee.”

photo1

只今絶賛開催中の「STOREのトーンボーダー展」から始まった”Have a nice coffee.”さんの出張コーヒー店。
次の出張は、来月から始まる4696-1616 コレクショソ #2の初日5日(土)です!(14:00位〜夕方)

好評を頂いて、今後も展示毎に出張して頂く予定です!
お楽しみに〜!

フラッグは当店でシルクスクリーンで作りましたよ〜!
あら、小窓の向こうにお尻が…。

“Have a nice coffee”.

1920477_426845707417743_1454875077_n

STOREのトーンボーダー展」の初日21日(祝・金)に、
佐賀でコーヒー焙煎をされている”Have a nice coffee”さんが
出張コーヒー屋をして下さる事になりました。(お昼過ぎ〜夕方まで)
(夜はSTOREの國時さんにのトークイベントですよー!ご参加はこちらから!)

コーヒーでも飲みながらゆっくりお洋服を選ぶ、そんな一日も良いですねぇ。

写真は先日打ち合わせの際に撮ったもの。
良い写真が無くって。

周辺マップ、作りました。

map_color
ここ最近、県外からのお客さまが多く(ありがたい事です)、お店の周りに他に遊べる場所がないかと聞かれる事が増えました。
口頭でお答えしていたのですが、説明べたな私たち。
それならばもうマップを作ってしまおうと、重い腰を上げてやっとこさ出来ました。
コピーレフトなので、どなたでも自由にプリントしてお使い頂けます。
カラー
モノクロ
もちろん、店頭でも無料でお渡ししておりますので、お気軽にお声掛け下さい♪
佐賀の町をのんびりうろうろ歩いてみるのも楽しいですよー!

まあるいキャラクターの中に地図がレイアウトされています。
このコは「オマチボーイ」と命名されました。
デザインを起こしている時に何となく地図を囲んだら「お餅みたい!」と言われ、その後は、分かりますね。。
いわゆる親父ギャグ的発想で、お餅→お町→おまちくんでオマチボーイ!(シティボーイ!)
と名付けたのは、他でもない、ウチのmさん。(めちゃくちゃ嬉しそうに、楽しそうに!)
どうぞよろしくお願いいたします。

皆様のお越しを心より”お待ち(お町)”しております。
ペコリ。

雑感.

IMG_9850

「ホー ホー ハトブエ テテップゥ」2年目、2回目の展示が終了しました。
たくさんたくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございました!

去年よりも5名増えた21名の佐賀に縁のあるクリエイターの皆さんに、尾崎人形の伝統的な形「テテップゥ」と、今回復刻した「長太郎」に、伝統のものとは違うオリジナルの絵付をして頂きました。
そして、今回はゲストクリエイターとして、ナガオカケンメイさんに絵付けをお願いしました!快く引き受けて頂き、本当にありがとうございました!そして毎日デザイン賞受賞おめでとうございます!

毎回、クリエイターの皆さんの絵付けは尾崎人形の作り手の高柳さんの工房に伺って、というルールを作っているのですが(一回目に参加された作家さんでも毎回これは必須です!遠方の方は例外もありますが。)、とてもおしゃべり好きで優しい高柳さんは、展示が終わる頃にはみんなの人気者でした!
やはり、職人さんありきなので。物だけ支給して〆切りまでに絵付けして提出して下さい。というのは違うかなーと。まずは高柳さんに私たちを知って頂き、仲良くなって欲しいのです。という事で、ご参加下さったクリエイターの皆様、お忙しい中ご足労をおかけしてすいません。。ご理解ご協力のほど感謝しております。

で、絵付けのワークショップでも、大人から子どもまでたくさんの女子に囲まれた高柳さんは幸せそうでした(笑)。
そんな空気感が、お客様皆様に伝わっていたらいいなあと思います。

今回の目玉の一つでもあった「長太郎の復刻」もバタバタで取りかかり、型屋さん、取り次いで頂いた参加クリエイターの池田さん、高柳さんにご迷惑をかけてしまいましたが、なんとか無事に間に合いました。本当に皆様のお陰です。
今回はたまたま使えなくなっていた型ということで、長太郎がとてもかわいらしかったので復刻しようと思ったのですが、郷土玩具に詳しい方のお話を伺いアドバイスを頂いて、かわいいからというだけではない、尾崎人形の歴史にも配慮した活動を、これからはやっていけたらと感じました。
と同時に、どこまで私たちがやれるのか、やっていいのか、という問題も浮かんできました。神崎市民でもない、縁もゆかりも無い私たちが、ただ尾崎人形を残したいという、御節介のような活動がどこまで受け入れられるのか。本当は神崎市、尾崎人形保存会の方々と一緒に続けていければよいのでしょうが…色々考えさせられるところです。
「神崎市」の「尾崎人形保存会」の「作り手高柳さん」で成り立っている尾崎人形なので、どこまで関わらせて頂けるかは私たちには決められない部分もありますが、私たちは尾崎人形と作り手の高柳さんの大ファンなので、できることをしていきたいなと。

継ぎ手が見つかるまで続けると公言しているこのイベントですが、また来年も開催する事になりましたら、もっともっとたくさんの方に尾崎人形の魅力と、佐賀にはこんなに素敵なクリエイターさんがいるということを知って欲しいです。

パハプスギャラリーは佐賀に特化したギャラリーではありませんが、このスペースを作ってから、私たち自身も知らなかった(そして多分ほとんど誰も知らなかった)カテゴリーでの佐賀のポテンシャルを見付け、志を高く持った佐賀のクリエイターさん達と繋がれる事をとても嬉しく思っています。

ちょっと熱くなってしまいました。
「d design travel 佐賀号」を見て、毎日尾崎人形が欲しいと訪れて下さるお客様がいらっしゃるのですが(本当に毎日です。さっきも。)、高柳さんの製造が追いついておらず(これもまた問題)、今パハプスギャラリーでは尾崎人形は品切れ中です。。。
近々入荷する予定ですので、ご迷惑をおかけしますが、お待ち下さいませ!

 

只今、パハプスギャラリーでは森永都子さんの展示が絶賛開催中です。
そしていよいよ今月21日(祝・金 初日トークイベントあり〼)から、今年も来て下さいます!
そうです!ボーダーです!!STOREです!!!(カビラJ風)