PERHAPS GALLERY

blog

雑感.

IMG_3413次回展示について少し。

上の写真は尾崎人形を制作されている高柳さん。素敵な笑顔です。

『尾崎人形』を初めて知ったのは昨年の夏頃。CIEMAさんが発行している小冊子CHUCKAに掲載されていたのを見て知ったのですが、地元にこんな素敵なプロダクトがあったのかと、それは衝撃でした。

約700年も前から伝わるこの尾崎人形。一度途絶えたものの5年程前に高柳さん(御年67才)が復活され、今現在、制作から納品まで全てお一人でされています。地元に住んでいるのに全く知りませんでした。知らないのは自分だけなのかと周りに聞いてみても「知らない」「聞いた事はあるけど、よく分からん…」と首を横に振るのです。自分も含め、佐賀に住んでいるのに、こんなに素敵なプロダクトをみんな知らないなんて、なんだかもったいないなぁと思い始め、もっと地元の人達に広く知ってもらわなければいけないのでは?となにか使命のようなものを感じたのです。(大げさ!)

そこで、この尾崎人形を面白がってくれる仲間達と今回の展示を企画する事になったのです。もちろんこれには高柳さんのご理解が必要なワケで、早速会いに行きました。最初は構えられていた高柳さんも、少しずつ心を開いてくれるようになり、今では高柳さんにチャチャを入れたらツッコンで下さるくらいにまで!
高柳さんは、純粋にただただ尾崎人形を愛されていて(口では辞めたいとかなんとか言われていますが。。笑)、利益目的ではなく、ただいろいろな人に尾崎人形を知って欲しいという思いだけで日々製作されています。もう、写真の表情から伝わりますね。高柳さんの活動に賛同して、僕らはそれを少しお手伝いするだけです。当然、伝統を重んじながら、少し目線を変えて、佐賀に縁のある13人のクリエイターに新しく絵付けをして頂きました。

古くから残る全ての技術、伝統を残す必要は無いと思っています。また残す必要があるものも、そのまま姿形を変えずに残す必要もないと思っています。時代の変化や継ぎ手によって、少しずつ形を変えながら受け継がれていくんだと思います。(もちろん知識として知っておかなければいけないと思いますが。)

今回の展示をたくさんの人に見て頂き、尾崎人形の事を知って頂ければと思います。そして、見て下さった方の中から、継ぎ手が現れた!なんてことになればそれはもう最高に幸せな事だと思います。

HENRY & MATHEW.


HM03
昨年の末に声を掛けて頂いて参加しているプロジェクト「HENRY&MATHEW/ヘンリー アンド マシュー(以下H&M)」がいよいよ始動します。

H&Mとは、画家、イラストレーター、アニメーション作家、デザイナーなどの、6人の作家によるアーティストレーベルです。空間に明るいアートを加えることで、心も明るくするアートを創作しています。
今月の20日(水)に、初の公開ウォールペイントとワークショップの開催が決定しました。 (さらに…)