PERHAPS GALLERY

blog

1.

いつもと変わらない朝を迎え、おはようのあいさつをして、いつもと同じように「行ってきます!」で出勤して掃き掃除と床の雑巾掛け、トイレ掃除に商品の点検、お茶を入れてデスクワークをこなすなど。

昨日11月27日、オープンして一年が経ちました。本当にあっという間でした。人生で一番多くの人に助けられた一年だったような気がします。そして人生で一番出会いのあった年だったと思います。自分には商才はない!と宣言してのオープン。なかなかゆる〜くやってきました。(そのせいでたくさんの人にご迷惑をおかけしてます。。。)先日の西村さんの個展で、ウチらしさとか方向性とか、やっとぼんやり見えて来たように思います。

特にお知らせもしていなかったのですが、おめでとうのメールやら、ご連絡下さってありがとうございます。かっこつけず、肩肘はらず、また一年、みなさんと楽しんでいけたらと思います。

雑感.

一昨日、西村洋一 個展『ゆげるのへや』が終わりました。会期中本当に多くのお客様にお越し頂きました。ありがとうございます。

ウチがオープンした時のノベルティを作って頂いてから丸一年越しの展示。実現出来た事、とても嬉しく思います。

西村さんに作品の事でお話を聞くと、制作が楽しくて楽しくて仕方が無いという気持ちが伝わってきます。木と遊んでいるというか、もう子供のよう。4才(だったよね?)のお子様がいるのですが、もう、なんと言いましょうか、そのコと変わらない。笑

細部まで手が込んでいて、作品一つ一つに妄想全開のストーリーがあったりして、僕は「実在するもの、自分の見た事、体験した事」に重きをおくタイプで、今までは架空の生物とかそういった類いは「説得力が無い!」なんて言って撥ねてたワケですが、西村さんの作るそれらは本当に心からワクワクして、とても心地よい気分になりましたよ。西村さんの頭の中がどうなっているのか見てみたい。。

会場は、入ると木の良い香りがして、ソファやテーブル、棚が展示を演出していて、とてもリラックスした空間になりました。個展のタイトル『ゆげるのへや』という名の通りの部屋をうまく表現出来たんじゃないでしょうか。(と言っても全部西村さんがやってくれたんですが。。)

ご来場頂いたお客様は、どの作品を持って帰ろうか、真剣に悩まれてました。一度家に帰って、どれが部屋に合うかシミュレーションした後お買い上げ頂いたり。悩み抜いて決めた一つの作品たち。とても喜んでいると思います。オーダーを頂いたお客様、制作出来次第順次ご連絡いたします。もう少々お待ち下さいね!

 

DM用の作品撮影、会場のポスター制作(サプライズのステッカーも)をしてくださったがらぴぃ夫妻。設営をお手伝いしてくれた玉江さん、チャンスさん、幸一郎君ありがとうございました!そして西村一家、ステキな8日間をありがとうございました。

 

 

雑感.

ちょっと空いてしまいましたが、11月の頭に展示をしてくれたあっかちゃんの展示の事を。

あっかちゃんの、それはそれは温かい愛に包まれた展示でした。彼女の眩しいくらいにキラキラした感情そのものが出た展示だったと思います。壁一面に埋め尽くされた人、人、人。とてもあたたかな空間でした。人をこんな風に見れるのかと、こんな風に感じれるのかと。

一目で彼女の作品と分かる色使いと線。ただ絵を描いて終わり、ではなく、どうすれば多くの人に見てもらえるのか、どういう見せ方がよいのか等、セルフプロデュースもとても参考になりました。こういう人が地元で活動してくれているという事実がウチのようなお店をしている人間にとってはとても嬉しい事で、また誇りに思います。これからも一緒にあそびましょう。あっかちゃんの人望の厚さでウチも新しい繋がりが出来たりして、また地元が面白くなりそうな気配も感じました。

会期中は多くの方にお越し頂き、本当にありがとうございました。