PERHAPS GALLERY

blog

雑感.

長期休暇が終わりました。休暇中にご来店下さった皆様、関係者各位、大変ご迷惑おかけしました。今日から「おーーーーぷーーーーん。」しております。

さて先日はミヤタチカさんの個展(@WALD ART STUDIO[福岡])に行って来ました。もちろんお仕事(?)です。ミヤタさんは、雑誌「GINZA」ウグイスアヒルのビオトークページにて挿絵の連載や、最近では「MORE」(だったっけ?すいません。。)などに挿絵を掲載されております。先月はHB GALLERYでの個展も開催されたりとご活躍されております。すごい!同郷、同い年でありながら、お恥ずかしい事に存じ上げておりませんでした。高校卒業以来会っていない同級生の突然の連絡、紹介に感謝!

展示はというと、(一部を除いて)黒い線画のみで描かれていて、シンプルな中にもミヤタさんの作品だと一目で分かるようなインパクトがありとても楽しく拝見させて頂きました。見ていてワクワクする絵は良いですね!ミヤタさん本人もとても気さくなお人柄で、良い時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。そして、凱旋個展を約束したのでした!(←この辺が仕事!笑)

と、これだけではありませんが充実の長期休暇でございました。また今日からよろしくお願いいたします!(急にまとめたな。)

という事でいよいよ今週土曜日からはこちら!佐賀在住のイラストレーター akka / アッカちゃんの個展です。彼女の「線」「色」もまた独特です。見逃せませんね。が終わったら18日(日)から西村 洋一  個展「ゆげるのへや」。と11月は楽しい事だらけ。お楽しみにー!

 

写真のzineはミヤタさんの「Bottle?」という作品。内容はもちろん、紙のチョイス、印刷方法(これはどういう印刷なんでしょう?)、ステキです。先日NYで開催された「THE NY ART BOOK FAIR 2012」でも出展されていたモノ。詳しくはこの辺を。スワンサイダー。地元愛ですね。嬉しくなります。近日パハプスギャラリーにて取り扱いスタート!です。

 

雑感.

先日、沖さんの個展「いろいろないろいろ」が終了いたしました。会期中多くの方にお越し頂き本当にありがとうございました。搬入時、沖さんの作品をズラッと並べたら、店内がパーッと明るくなりました。カラフルな色使いが沖さんの特徴です。佐賀ではなかなか見れない作風だったと思います。

画家一本である沖さんにとって「絵を売る」という事が重要なわけで、そういう意味では満足のいく結果は得られなかったと思います。ウチの力不足を痛感いたしました。ですが、沖さんはそこ以外で得たものも大きかったんじゃないかなぁ。まだウチでの展示で個展2回目。これからもっともっと大変なんだろうけど、お互い頑張りましょう!

福岡在住の沖さんは会期中全部ウチに滞在してくれました。搬入日も含め10日間の共同生活。楽しかったです。僕は、作品を好きなのは当然ですが、作家本人と仲良くなりたいといつも思っています。そういう意味では最高の9日間でした。前述した結果が伴わなかった事は残念でしたが、会期中楽しめたのはこの共同生活が大きかったと本人が言ってくれました。ありがたい。

DM作成から搬入搬出、最高級佐賀牛の差し入れまでしてくれた西山さん、本当にありがとうございました。また、10日間の滞在を面倒見てくれたmさん、沖さんの活動に理解を示してくれている(?)奥様、本当にありがとうございました。本当に多くの方に支えてもらった9日間でした。

という事でいよいよ来月3日からakkaちゃんの個展『LOVERS』が始まります!パハプスの壁がakkaワールドで埋め尽くされます。お楽しみに!

※写真は沖さんの個展初日の朝に西山さんが撮ってくれた家のアレ。

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2012.

だいぶ遅くなりましたが、先月の東京出張での事を。THE TOKYO ART BOOK FAIR 201210zineメンバーの一員として行って来ました。たくさんの出展者数。ただただ純粋に世の中にはまだまだおもしろい人達がたくさんいるんだなぁと。よい刺激を頂きました。10zineメンバーの皆さんお疲れさまでした。

夜、運良く、夏椿さんで開催されていた陶芸家 市川孝さんの個展中に催された「素秋 彩花茶菓器事」という、秋をテーマに、菜食と花、お茶と和菓子とうつわを楽しむ会に参加する事が出来ました。かしこまったお作法は置いておき、普段の生活に気軽に取り入れる楽しみ方を五感で感じる、という趣旨の茶会。市川さんの器、みたてさんのお花、好日居さんのお茶、Chieさんのお食事、日菓さんの菓子。どれも素晴らしく、お話も楽しく聞けて、とても居心地の良い時間でした。

日中も空いた時間で埼玉まで足を伸ばしました。目的はsenkiyaさん。元々家業であった植木屋「千木屋」をご夫婦でsenkiyaというカフェ、雑貨、ギャラリーなどの複合スペースに。建物内には、sunshine to you!さんのアトリエ&ショップをはじめ、様々なクリエイターがアトリエを構えています。東京の隣県埼玉。なかなか人が集まらないというこの土地は、佐賀と似ているなーと感じました。(みんな福岡、長崎へ遊びに行ってしまうからね!)だからこそ、そこでやる意味があるんだと思っています。勝手に親近感を覚えております。業務形態もスケールも全然違いますが、とても参考になりました。オーナー夫妻さまのお人柄もとても素敵で、また訪れたくなる、そんな場所です。いや、また必ず訪れます。

最後はフジカワエハガキさんへ。少し遠いからと今回は諦めようとしていたのですが、「今行かなきゃいつ行けるか分からんぞ!」と神の声が聞こえ、疲労困憊の中、土砂降りの中、電車を途中で降り向かったこの場所。もう、素敵すぎました。藤川さんの作る作品(平面)も空間もお人柄も。時間がなく長居出来なかった事がとても悔やまれます。暖かいお茶を出して頂き、どうしても欲しい作品があったのですが、持ち合わせがない事を伝えるとお代はいつでも良いですよと、雨に濡れないよう作品を丁寧に包んで下さいました。(帰佐後すぐにお振込いたしましたよー。)本当に、ありがとうございました。フジカワエハガキを出た頃には雨も小雨に変わっていて、足取りも軽く、ウキウキしながら帰りました!藤川さんの絵はがきをいくつかウチの店頭にも並べようと思っています。準備ができたらまたご紹介させて頂きます。本当に素敵なんですよ!

てなワケで思い出した事をとりあえずそのまま走り書き。記録として綴っておきます。