PERHAPS GALLERY

blog

シゲキバアートディスカッション vol.2.

先日は福岡にあるギャラリーシゲキバさんで行われたアートイベント『アートディスカッションvol.2』に参加してきました。

(展示は7月2日(月)までだそうですよー。)

前回のvol.1では佐賀から招待作家として北島氏を呼んで頂き、参加。

今回は9月にウチで個展を控えている八頭司(やとうじ)くんをシゲキバさんに紹介したところ、作家の定員があったようで、

急遽「飛び込み作家」という形で、参加させて頂く事に。

お酒を飲みながら作品を見、知った顔もちらほら居たりして(ここにも10zineメンバーが!笑)談笑しつつ、

良い空気感の中、一人ずつ自己紹介と作品解説が始まります。

八頭司くん、飛び込み作家なのにトップバッターでした。笑

緊張はしていたものの、しっかりと喋れていたのではないでしょうか。

周りの評価も上々だったと思います。

もちろん、僕以外の方達は彼の作品を見るのは初めてで、そういう普段見てもらえない人達からの高評価。

自信になったようでした。

9月の個展が楽しみですね。

自分はというと、新しい作家さんに出逢えて、ステキな作品を連れて帰る事が出来、とても満足のいく時間でした。

そして、自分の八頭司くんの作品に対する評価が間違ってなかったんだという事を確信しました。

もっともっと、地元から彼に続く若い表現者がたくさん出て来る事を願います。

そういうコらを大人が良い意味でユル〜くフォローしてあげれば、地元にも面白いシーンが生まれるのではないでしょうか。

(まあこれは、何もアートシーンだけに言える事じゃないですね。)

負けてられないね、北島氏。笑

 

さてさて、いよいよ再来週に迫りました「都築 明 陶展」。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。(ぺこり)

 

 

勉強2.

アルバスで開催されていたミロコマチコさんの個展の最終日に行われたトークショーに参加してきました。

ミロコさんのトークのお相手は、大阪は北区本庄にあるギャラリー「itohen」のオーナー鰺坂兼充さん。

(itohennさんでは来月の11日から、ウチでも取り扱いをしている『Mi amas TOHOKU』をリリースしているKVINAのメンバー、

前田ひさえさんの個展が始まるそうです。大阪の方、必見ですよー!)

ミロコさんとの凸凹な(?)掛け合いが面白く、でも本当にお互い信頼し合っているんだろうなーという印象を強く感じました。

(特にトークショー後の打ち上げの席で。笑)

ギャラリーを始めた経緯から今に至るまで、作家との向き合い方など、とても参考になるお話でした。

普段こういう同業の先輩からお話を聞く機会が皆無で、一人で悶々としている事があり、

そういう自分の中でモヤッとしている部分も解消されました。

というコトで、写真はまさかの前々日、前日に続き三日連続の弐ノ弐で打ち上げの図。

itohenオーナーとアルバスオーナーに挟まれて恐縮でした…。

しかし、ミロコさん、トークショーの時より面白かった!笑

みんな打ち上げ後、もう一件行ったのかな?

が、自分はここで退席。お先に失礼しました。(残念!)

 

ミロコさん、鰺坂さん、よいお話をありがとうございました。

酒井さん、お誘い頂きありがとうございました。

勉強.

10zine初めてのワークショップにスタッフとしてお手伝いに行ってきました。

参加して頂いたお客様と一緒に作りながら、製本の仕方やら、分からないとこなんかがあれば教えてあげたり、のサポート役。

「人に物を教える」というコトの経験値が低すぎるため、実は若干緊張していました。

が、みんな上手上手!

初めてのzine作りとは思えない手つきで、起用に黙々と作っていて。。

あれ、自分、必要ないじゃーん!とか思いながら、なんだかボケ〜ッとしてて、

作ってるみんなの周りをぐるぐる回りながら、偉そうに「ふんふん」ってな感じで覗き込むだけ。笑

が、「テメ、何やってんだよ!作!れ!よ!」というみんなの視線を受け(いや実際に言われた。)、

急遽1ページだけ作る事になり、焦りながら作ったら以外にも面白いのが描けて、

新たな才能が開花かーっ!?なんてポジティブに考えてます。

神様は降りてくるんですね。

さて、完成したらみんなで自己紹介と記念撮影で解散!

からの、打ち上げで弐ノ弐。(前日も弐ノ弐。)

詳しいレポートは10zineサイトに上がる事でしょう。

そちらで。

ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

LIBROさん、10zineの皆さん、お疲れさまでした。

僕自身、とても良い勉強になりました。

週末日記.

●6月7日(木)夜 福岡空港を発ち東京へ向かう

今回の来京は『お世話になった作家さん、会いたい作家さんに会いに行こう!』というコンセプトツアーである。

会いたい友人も山ほどいたけれど、2泊1.3日の弾丸ツアーだったためガマンガマン。。

夜も飲みに行く事も無く、推定移動距離1,300kmの旅を満喫してきました。

 

●6月8日(金) 神奈川 東京(葉山 西荻窪 東雲 京橋 三宿)

葉山:

葉山にはパハプスギャラリーのオープニング展の時に出品して下さったこうのかなえさんが住んでいらっしゃいます。

SNSで交流を深めていたので仲良くなるまでにそう時間は掛からず(と思っているのは自分だけかもしれませんが…。)、

とっても素敵なご自宅兼「すこし高台ショップ(多肉植物のお店)」でゆっくりお話しして、作品達をみせていただいた後、

葉山の名所?を案内して頂きました。

葉山ビーサン屋げんべい(ビーサンゲット!)やSUNSHINE+CLOUD(籠ゲット!)、HAYAMA RESTHOUSE

とっても楽しかった!

海辺の空気感が素晴らしかったです。

こうのさん、のりさん、本当にお世話になりました。

ありがとうございます。

 

西荻窪:

3月にウチでイベントをしていただいたSTOREさんのショップ兼アトリエがある西荻窪。

時間の都合上立ち寄れるか分からずお知らせしないまま突撃すると、お店にほとんどいらっしゃらないというお二人にも関わらず、

奥様のさおりさんがいらっしゃった!(ご夫婦でされてます。)

「え〜〜〜?なんで〜〜〜?」という黄色い声援を浴びつつ、慌ただしいながらもしっかりお喋りして、

次回伺った際は西荻窪で飲みに行きましょう!という約束を交わしておいとましたのでした。

事務所?的な二階のスペースにまでお邪魔させて頂いて、良いスペースだなあと、自分の今後の夢も広がって広がって。笑

 

東雲:

ウチのショップスペースに置かせて頂いているぬいぐるみ達の作家さんDonna Wilsonの個展へ。

CREATUREと呼ばれるスコットランドラムズウールのぬいぐるみが本当にだいっっっっっすきで、

ウチに置かせて頂けると決まったときは小躍りしてしまうくらい嬉しかったDonna Wilsonが個展&来日!

会場のby TRICOには取材や取引先の方も多数でしたが、一般の方も入れるレセプションだったので、

日本中からはたまた台湾からもドナフリーク達が集まって来ていました。

写真では飽きるくらい眺めていたドナ本人はほんとうに可愛くて、

作品をそのまま体現したようなオーラをたっぷり纏った女性だったのでした。

(一緒に写真を撮ってもらいました♡♡Donna,thank you very much!)

 

京橋:

INAX GALLERY改めLIXIL GALLERYで開催中の小笠原森展&アーティストトーク。

以前からとてもお世話になっている東京は町田にあるギャラリー&アトリエ「STUDIO STICK」のオーナーである小笠原森さん。

森と書いてシンさんです。

本名だそうです。

かわいらしいお名前とは裏腹に、作品はがっつり無骨な男前。

以前、町田に伺った時に焼き物でできた掌より小さいくらいの作品のカケラは拝見していたのですが、

カタチになっている実物を見るのは今回が初めて。

人間くらいの背の高さの全長5〜6mはありそうな大きな作品を作り上げるそのエネルギーに圧倒されました。

同じ年代の方の活躍を見ていると、自分もがんばろーーーーー!と良い刺激になります。

あまりお話し出来ず残念でしたが、また町田の方にも伺いたいです。

ありがとうございました。

奥様の森重裕子さんのテキスタイルを使った山高帽もかわいかったです。

 

三宿:

これまたウチのオープニング展の時に出品してくれたユッティ宅に宿泊。

帰りが深夜になったにもかかわらず、高校からの友人であるユッティ宅を訪問→集っていてくれた友人の誕生日パーティ!

この日は、お誕生日だった針灸師のきよちゃんと現代音楽家rocomoon

そしてデザイナーのユッティとそのパートナーのブリンと一緒においしいケーキとお酒をいただき終了!

三宿の素敵な環境にあるマンションで、英語まじりの変なだじゃれが連発した奇妙な夜でした。(若干下ネタ?なので割愛。笑)

 

●6月9日(土)早朝 羽田空港を発ち帰路へ

そのままお仕事へ

 

●6月10(日) 福岡 (大名 別府)

大名:

ギャラリーを早めに閉店させて頂き、福岡でも開催中のDonna Wilsonの個展へ。

Donnaにまた会いたい!ってことで、大名のby TRICOへ。

行ってみるや、先日の『10zine @ PERHAPS GALLERY in 佐賀』も記憶に新しい10zineのメンバーもぞろぞろ集合してて。笑

(そうそう!来週末の23日はこんなイベントも!僕も会場のお手伝いで参加してます。遊びに来てね!)

こちらも東京の展示をちょっとこぢんまりさせたくらいのとっても素敵な展示になっていました。

ドナが居る空間はパーーーっと華やぎます。

2回目のおしゃべり(と言っても英語全然話せませんが)ということで、

作品からも垣間みれるドナのユーモアやかわいらしいギャグに触れられた素敵な時間でした。

(ドナの新作のブロッコリーのCreatureと僕のクルクル天然パーマが似てるって。笑)

 

別府:

日頃から仲良くさせて頂いている「とこやとこうや」さん宅で合宿。

美容室と、その一角に小さなギャラリー「TUNNEL」があるとこやとこうやさん。

ご自宅も生活雑貨のなかにたくさんの作品達があるのが楽しくて、心豊かになる素敵な空間でした。

そして何よりおいしい食事。

K子さんお手製の小さい羽根つき餃子がたまらなく美味で。

途中、西村さんgarapyさんも登場して下さって、とても刺激のある一晩を過ごさせて頂きました。

そして、自分の家にも色々な作家さんやデザイナーさんや職人さんが泊まりに来てくれますが、

合宿って、夜の空気だけでなく朝の空気もとてもいいんですよね。

お酒に流されていない空気感とか。

何も隠し事の出来ない明るさとか。

朝って素晴らしい。

とこうファミリー、お世話になりました。

ありがとうございました!

 

という感じで、週末レポートしゅーりょーーーー。

おつかれさまでした!

雑感.

先日の3日(日)をもちまして『10zine @ PERHAPS GALLERY in 佐賀』を無事終了いたしました。

期間中多くの方にご来場頂き本当にありがとうございます。

 

ウチには初めて来たというお客様がほとんどで、普段ギャラリーに行かないという人でもzineという誰でも作れる間口の広さが

たくさんの方に見に来て頂けた理由の一つじゃないでしょうか。

そういう意味でも、ギャラリーの敷居を下げたい(もちろんいい意味です)という

ウチのコンセプトとぴったりの展示だったと思います。

佐賀での開催を快く受け入れて下さった10zineメンバーの皆さんには本当に心から感謝をしております。

ありがとうございます。

そして、zine募集にエントリーして下さった佐賀メンバーの皆さん、ありがとうございました。

この方達が居なければ今回の成功はあり得なかったと思います。

これだけ多くのエントリーがあった事に、佐賀という土地の可能性を感じずにはいられませんし、自信にも繋がりました。

今回、佐賀、福岡の方達との交流もできて、また新しい動きも出来るかもしれませんね。

10zineのおかげでパハプスギャラリーと地元が、また佐賀と福岡が近くなったように思います。

また開催出来ればと思います。

 

余談ですが、昨日のNHK佐賀の夕方のニュースのワンコーナーに出演させて頂きました。

「zineって何よ?」という内容で数分喋らせて頂きました。

もう少し、製本の面白さなんかを伝えれればよかったなーと。

恥ずかしかったので、事後報告!笑

 

そして、なんとワテクシ僭越ながら10zineの方にも書かせて頂きました。

かなり内容が被ってますが、おヒマな時にご一読して頂ければと思います。

ホント同じ事言ってます。