PERHAPS GALLERY

blog

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2012.

だいぶ遅くなりましたが、先月の東京出張での事を。THE TOKYO ART BOOK FAIR 201210zineメンバーの一員として行って来ました。たくさんの出展者数。ただただ純粋に世の中にはまだまだおもしろい人達がたくさんいるんだなぁと。よい刺激を頂きました。10zineメンバーの皆さんお疲れさまでした。

夜、運良く、夏椿さんで開催されていた陶芸家 市川孝さんの個展中に催された「素秋 彩花茶菓器事」という、秋をテーマに、菜食と花、お茶と和菓子とうつわを楽しむ会に参加する事が出来ました。かしこまったお作法は置いておき、普段の生活に気軽に取り入れる楽しみ方を五感で感じる、という趣旨の茶会。市川さんの器、みたてさんのお花、好日居さんのお茶、Chieさんのお食事、日菓さんの菓子。どれも素晴らしく、お話も楽しく聞けて、とても居心地の良い時間でした。

日中も空いた時間で埼玉まで足を伸ばしました。目的はsenkiyaさん。元々家業であった植木屋「千木屋」をご夫婦でsenkiyaというカフェ、雑貨、ギャラリーなどの複合スペースに。建物内には、sunshine to you!さんのアトリエ&ショップをはじめ、様々なクリエイターがアトリエを構えています。東京の隣県埼玉。なかなか人が集まらないというこの土地は、佐賀と似ているなーと感じました。(みんな福岡、長崎へ遊びに行ってしまうからね!)だからこそ、そこでやる意味があるんだと思っています。勝手に親近感を覚えております。業務形態もスケールも全然違いますが、とても参考になりました。オーナー夫妻さまのお人柄もとても素敵で、また訪れたくなる、そんな場所です。いや、また必ず訪れます。

最後はフジカワエハガキさんへ。少し遠いからと今回は諦めようとしていたのですが、「今行かなきゃいつ行けるか分からんぞ!」と神の声が聞こえ、疲労困憊の中、土砂降りの中、電車を途中で降り向かったこの場所。もう、素敵すぎました。藤川さんの作る作品(平面)も空間もお人柄も。時間がなく長居出来なかった事がとても悔やまれます。暖かいお茶を出して頂き、どうしても欲しい作品があったのですが、持ち合わせがない事を伝えるとお代はいつでも良いですよと、雨に濡れないよう作品を丁寧に包んで下さいました。(帰佐後すぐにお振込いたしましたよー。)本当に、ありがとうございました。フジカワエハガキを出た頃には雨も小雨に変わっていて、足取りも軽く、ウキウキしながら帰りました!藤川さんの絵はがきをいくつかウチの店頭にも並べようと思っています。準備ができたらまたご紹介させて頂きます。本当に素敵なんですよ!

てなワケで思い出した事をとりあえずそのまま走り書き。記録として綴っておきます。